FC2ブログ

ずっと、ずーっと

沼津・戸田港 #2  















獲れたてのイカの天日干しは本当においしそうです。肉厚のするめいかでビールはいいもんです。






IMG_2135.jpg







イカの下のゴリラ。見張りをしているのでしょうか。







IMG_2131.jpg






IMG_2132.jpg







戸田は静かで穏やかな空気が流れるとても良いところです。







IMG_2136.jpg








戸田には温泉もあり、魚料理もおいしい宿がいくつもあります。








にほんブログ村





ぽちっとお願いします。





















Pris #5  






EPSN0501.jpg







パリには街頭販売がよくありました。わたしも焼き栗を買って食べたことはあります。







EPSN0499.jpg






サンジェルマンデプレは、パリのなかでも文化度の高い地域です。本屋がいっぱいあります。









EPSN0497.jpg








パリに行くと曇りか雨の日が多いんです。私は晴れの日より曇りの日のほうがパリらしくて好きですね。








にほんブログ村





ぽちっとお願いします。

















連続ミステリー  天使たちの幻夜 #1  





















天使たちの幻夜




暗い。

人の気配がしない。

何も聞こえない。

ここはどこだろう。

どう動けばいいのか恐くて分からない。

どうしてここにいるのかさえも分からない。

「うぅー」

川村義男はうめき声を上げた。

全身から汗が噴出しているのを感じた。

口元からはよだれが出放題だ。

苦しい、誰か助けてくれ。





声に出そうとして目が覚めた。

「夢か」

どうしてか分からないが最近良くこんな恐ろしい夢を見る。

勤めている会社では問題が無いわけではないが、悩みがいうわけでもない。

家庭はまったく円満である。

ストレスは何も無い。それなのに、なぜ。




向こうのベッドでは、妻の麻理がまだ寝息をたてている。

ベッドサイドテーブルに置いてあるデジタル時計を見た。

まだ午前三時だった。起きるまだ三時間ある。

このまま寝れそうになければ勤めが辛くなると思っているうちにいつのまにか眠りについていた。





アラームなどかけなくても起きる時間になると自然と目が覚める。

眠りの質が浅いのは子供のときからだ。

それにしても、酷い夢をみたものだと思った。

背中に相当な汗をかいてるだろう。寝起きにシャワーでも浴びるか。

面倒臭いが、中年臭を指摘されるのも辛いから仕方ないと覚悟してベッドからのそのそと起きた。




シャワーを浴びて食卓テーブルに向かうと、娘たちが起きていて朝食を食べていた。

「パパ、おはよー」

一番末の三女が明るい声がした。

三女はまだ高校生になったばかりだった。

まだ子供の心が残っている可愛い子だ。

次女と長女は無言でトーストをかじり、牛乳を飲んでいる。

「パパは今日は遅いの?」

妻の麻理が娘たちの弁当を用意していた。

「今日は普通に帰るよ。夕食も食べるから」

「分かった」




いつもの朝だった。

義男は昨晩見た悪夢はもうすっかり忘れていた。

「いってきます」大学2年生の長女が最初に席を立った。

親の顔なんてまともに見ない。

「今日はバイトよね」麻理が聞いた。

「そうよ、ご飯は食べるからね」

「いってらっしゃい」

「私もごちそうさま」高校三年生の次女が次に席を立った。

来年は受験なので、毎日のように塾に行っている。

夕食はコンビニで買うのがいつものことだ。

三女はゆったりして、のんびりした性格で、今まで反抗期になったことがないほど素直な子だった。

義男を三女を溺愛していた。

「気おつけてな」

「じゃあね、パパ」

カーキ色のブレザーに紫のリボン、紺色のスカートに紺色のハイソックスがいかにも女子高生らしい。

少々太めだが、性格が明るいのが何よりだと義男は目を細めた。





今日は自宅からほど近い研究所に打ち合わせに行くのでいつもよりゆったりと出来、朝食もゆっくりと楽しむことが出来た。

「いってくる」

いつもと何も変わらない朝だった。


確かにそういう朝だった。




#2へ続く。










にほんブログ村















築地 #1  














いよいよ今年移転してしまう築地の市場です。
いつ行っても活気に溢れています。








IMG_0369.jpg








最近は外国人観光客で溢れています。










IMG_0371.jpg








築地市場のなかではこのトーレが我が物顔で走っています。よく事故が起きないなと思います。







にほんブログ村





ぽちっとお願いします。














言ったとうりじゃない!  



















「言ったとおりじゃん」

純奈が口をとんがらせながら言った。

お目当てのレストランのドアには「定休日」という札が下げられていた。


純奈は肩までかある黒いロングのヘアーが今時珍しい女子大生。私の唯一の友達。

今日はやってないと純奈が言うのに、

「やってると思うよ。平日じゃないんだから」

観光地にありながら、観光客目当てのレストランではない。

だが、休日もやるはずだと思っていた。



鎌倉から20分ほど歩いたところにあるそのレストランは日曜日が定休日だった

心の動揺をごまかすつもりではなかったけど、演技して冷静に言った。

「じゃあ、他の店に行こうか」

「嫌だ。ここのランチ楽しみだったから、イタリアンの食事しかイメージしてないもん」

融通の利かない子だと思った。


女の付き合いってこういった場合が一番難しい。下手をすると、離れる原因になってしまう。

「ごめんね、思い込みだったわ」

「スマホで探してよ、イタリアン」

「何が食べたいの?」

「パンよ、イタリアのパンが食べたいの」

「フォッカチオとか」

「そうそう」

「だったらサイゼリアでもあるじゃない」

「料理も本格的なのがいいの」

スマホで探すと、江ノ電で2駅藤沢寄りに行ったところにイタリアンレストランがあった。

純粋のイタリアン料理を出すお店のようだ。



だけど・・・

イタリアのパンがあるかどうかは分からない。

他のレストランはやや離れていた。


「電話で聞いてみるね」


電話をかけるとき、ちょっとドキドキした。










にほんブログ村






ぽちっとお願いします。













京都 #18  

IMG_0781.jpg














IMG_0771.jpg







下鴨神社です。
京都市左京区にあります。
正式名は、加茂御祖神社。
寺社仏閣に興味のない私ですが、ここは好きです。






IMG_0780.jpg







伊勢神宮はあまりにも厳かすぎるし、本殿も良く見えなくてがっかりしましたが、下鴨神社は本殿のなかまで良く見えて面白かったです。






IMG_0776.jpg







下鴨神社は、変に威厳を押し付けるような威圧感の無い、庶民的な神社でした。








にほんブログ村




ぽちっとお願いします。













大阪・富田林 #4  
















富田林市は、和歌山と奈良に接している、南河内という地域にあります。








IMG_0212.jpg










関東に住んでいると、ここまでタイムスリップした街角を見たことが無かったので、驚きました。









IMG_0213.jpg








この街は「昭和の香り」ではなく、江戸時代か明治初期に戻ったかのような雰囲気があります。









IMG_0243.jpg









まるで映画のセットのような家。ただ、この街ではあまり映画の撮影はされていないようです。自治体や地元が映画やテレビのロケに積極的ではないのかも知れません。もったいない話ですね。この街を舞台にすれば良い映画が撮れそうなのにと思いました。







IMG_0242.jpg











にほんブログ村





ぽちっとお願いします。













どこまで知ってるの  




















「あんたどこまで知ってんの?」

咲姫が聞いてきた。

「そんなに知らないよ」

「いいから知ってること言ってみてよ」

「樹奈とふたりで温泉に行ったってことくらい」

「どこに行ったとか知ってるの」

「そこまでは知らない」

「本当かなあ」

「舞衣にばれるとあとがめんどくさいからなあ」

「だったら舞衣も誘えば良かったじゃない」

「だってあの子、少食だから。いっぱい食べる樹奈と行ったほうが楽しいんだもん」

「でもあんたたちの関係なら、ひとりだけ仲間はずれにしたら険悪になることなんて、子供でも分かるじゃない」

「それはそうなんだけどね」

「もう取り返しつかないんじゃない」

「どうしよう」

樹里が怒った顔を思い出した。







IMG_0394.jpg





「悪気があったわけじゃないんだけどね。行った温泉は夕食は食べ放題だったから、純粋に食べることの楽しみを優先したとかなんだけど」

「それは言い訳にならないとおもうんだよなぁ」

「あんた、仲間はずれにしたんじゃないって樹里に言ってくんないかなあ」

「巻き込まないでよ」

「お願い」

後悔後に立たずとは良く言ったものだと思った。

樹里にいつ話しをしようかと考えていると、向こうから樹里が歩いて来るのが見えた。





IMG_0002.jpg











にほんブログ村





ぽちっとお願いします。

















夜景スペシャル 東京スカイツリー  















スカイツリーは三脚を立てて撮影できるというので行ってみました。
あまりにも高いので、夜景にリアリティがありません。









DSC03732.jpg









高所恐怖症でしたので怖いかと思いきや、高すぎてミニチュアのようで迫力なしでした。








DSC03781.jpg








こっちが写真を撮っているとなりでカップルがいちゃいちゃしてました。








DSC03760.jpg








首都高速もこれだけ空いていたら走りやすいのですが。









DSC03776.jpg










DSC03797.jpg











DSC03801.jpg











にほんブログ村






ぽちっとお願いします。













沼津 戸田港 #1  















西伊豆の戸田という漁港に良く行きました。
最初は釣りです。







IMG_2124.jpg









戸田は深海魚が食べられる漁港です。有名なのは高脚かにです。高価なものです。一匹1万円はくだりません。







IMG_2128.jpg








戸田に行くまでに立ち寄った淡島という観光島。こういうところには興味がありません。









IMG_2129.jpg










東日本大震災が起きるまでは海が大好きでした。津波の映像を見てから海が怖くなりました。









IMG_2130.jpg









西伊豆というところは、東京方面から行くと沼津インターから沼津市を通って、山を登っていかなければならないので、やや行きにくい場所dす。











にほんブログ村





ぽちっとお願いします。














▲Page top