FC2ブログ

ずっと、ずーっと

連続ミステリー・老女の覚醒 #20  






















宮城静江が女優時代親しくしていた、元メーキャップ係の女性と会って、二日後だった。

その女性から電話がかかって来た。

「あれから、しずちゃんのことが頭から離れなくて、それで思い出したことがあったのです」

彼女の話はこうだった。

撮影所で一緒に働いていた、キャメラマン助手の男がいた。

その人から元メーキャップの女性が聞いた話があった。
ある映画の撮影のとき、殺人犯の助監督が静江さんに演技の段取りを現場で確認していたときのこと、
キャメラマン助手は、キャメラマンがカメラの位置を離れた隙に、カメラのファインダーを覗いた。

そこに見えたものは、静江と助監督であった。

ふたりは熱心に台詞の段取り、表情、立ち位置を確認し合っていた。

そんな光景は、撮影所ではごく普通のものだった。

だが、次の瞬間、目を疑うようなものを目にしたのだ。

打ち合わせが終わって、ふたりが離れようとした瞬間、静江が助監督の頬を触ったのだ、
一瞬であったが、それは恋する乙女のする行為以外のなにものでもないと思われた。

さらに、助監督は、これまた目にも止まらぬ速さで、静江の指を握ったのだった。

それをキャメラマン助手はカメラのファインダー越しに目撃したというのだ。

その話は、キャメラマン助手と、元メイキャップ係りのふたりだけの秘密になったのだ。

「その人は、自分の見たものが本当にあったのかと、わが目を疑うようなことを申しておりました」

「さすがに見てはいけないものを見てしまったということですね」

「そうだったのだと思います」

「でも、そのことを何故あなただけに話したのですか」

「それは会社が怖かったのだと思います。彼は、助手という立場であり、契約社員だったということもあったのだと思います。
生活を安定させるために、どうしても早く正式のカメラマンになって、映画会社に正社員として採用されたいと願っておりました。
だから、自分が見たことをいい加減に言いふらすと、映画会社から追放されかねないと恐れていたのだと思います」

大塚はそこまで話を聞いて変だなと思った。

「カメラマン助手の人はあなただけにこの話をしたのですよね。それほど、あなたを信頼していたということになりますよね」

「おっしゃる通りです。私たちは付き合っておりました」

「その方とお会いしたいですね」

「それは無理です。事件があってすぐに事故に会って亡くなりましたから」

「何ですって」

大塚は思わず大きな声を出した。
電話をしていたとき、彼は勤務するNPO法人の事務所にいたので、その場にいた人はみんな彼の方を向いた。

「あっ、すいません。そのことを何故お会いしたとき話していただけなかったのですか」

「私にとっては凄く悲しい出来事だったので、心の奥の方に閉ざしてしまったのです。
それがあなたたちがお見えになって静江さんの話をしていて蘇ってきたのだと思います」

「その方が亡くなられた事故というのはどのような事故だったのでしょう」

「酔って家に帰る途中、駅のホームから転落して、電車に跳ねられたということでした」

大塚はすぐに父親に相談した。

「静江の周辺で三人の男が殺され、ふたりの犯人の男が自殺し、さらにひとりの男が事故死をしている。
とても偶然の成り行きということではすまないな」

「いや、もうひとり、彼女の夫と一緒に殺された女性がいます」

「異常だよ、これは」

「やはりこれは警察に報告したほうが良いのでしょうか」

「いや、まだ証拠は何も出てきていない。しかも二件は捜査は終わっているし、自殺者と事故死は事件にすらなっていない。
可能性があるとしたら、静江の夫が殺された事件だけが未解決なだけだ。
その事件の重要な証拠でも見つかれば動くだろうが、それも無いということなら、まったく相手にされないだろう」


大塚は父親の言葉に深く頷くだけだった。




#21に続く。














にほんブログ村






ぽちっとお願いします。


















渋~い劇場・中野ブロードウェイ  



















中野ブロードウェイはただものの商業ビルではないという証拠に、この案内板。








DSC05065.jpg











ディープでニッチな品ぞろい。この店は昭和の邦画関係のグッズの専門店らしい。









DSC05069.jpg









演歌の専門店。上野にあるリズム堂というお店が東京では有名ですが、この店にも固定ファンが押し掛けるとか。









DSC05070.jpg












フィギュアの専門店が多いようです。こういうお店にはさすがに入れませんでした。









DSC05072.jpg












コスプレの店も多いですが、何のジャンルに特化しているのかその道の人にしか分かりません。










にほんブログ村







ぽちっとお願いします。

























香川県 多度津町 高見島   










IMG_1482 (2)










高見島唯一の海水浴場。夏には多くの人が訪れるそうです。








IMG_1486.jpg









お参り専門のお墓。お骨は別の場所にあります。









IMG_1488.jpg









道が先か、墓が先なのか。








IMG_1491.jpg






IMG_1492.jpg










離島に猫、港に猫は定番ですね。










にほんブログ村





ぽちっとお願いします。






















連続ミステリー・老女の覚醒 #19  




















宮城静江の女優時代仲の良かったという元メーキャップの女性の住む町は、
横浜から京浜急行で20分くらいかかる海べりの町だった。

女性の自宅を直接訪問する約束になっていたので、
駅を降りると、海に向かって細い道を歩いていった。

家は、海岸から100メートルくらいのところにあった。

駅前から5分もかからなかった。

多分、二階からは海を見れるだろう。

「ここらへんの家は手入れが大変だろうな」

大塚の父親は、こじんまりとした古い木造建築の住宅を見上げていた。

「そうですね、潮風で外壁とかやられるでしょうから」

元メーキャップの女性は、呼び鈴を押すとすぐに出てきて、大塚たちを向かい入れた。

もう80歳を超えているだからか、腰が少し曲がっていた。

「遠いところをご苦労さまでした」

女性は、消え入るような声で大塚たちを見ていた。

大塚は、静江の撮影所当時の様子や、犯人のこと、
被害者のことなど、時間をかけてゆっくりと聞いていた。

「あの事件は私の一生で一番の衝撃でしたから、今でもはっきりと覚えています。
ほかの事はまるで憶えていないのに、あのことだけは憶えているんです」

彼女の話によると、静江は彼女のことをお姉さんのように慕っていて、何でも話す中だったという。

殺された俳優のことで何度も悩みを聞いたという。

「しずちゃんは、彼のことを恐れていました。自分を見つめる目が怖い。
殺されるかも知れないと何度も話していました」

「では何故静江さんとほとんど話したことがない助監督が彼を殺したと思いますか」

「私もそれが不思議でなりませんでした。助監督としずちゃんは、
私の知る限り仕事以外で話したことはないと思うのですね。
ただ、助監督が片思いしていて、しずちゃんを助けようとしたという可能性はあると思うんですよ」

「それが捜査陣の結論でしたよね」

「でも、何も殺すことは無いと思いませんか」

「そうですよ、それは言えます」

「撮影所内では、殺された人がストーカーのように付き纏ったことは誰でも知っていましたけど、
何も殺人をしなくてもと思います」

「異常な性格だったのでしょうか」

「そんなことはなかったと思いますよ。助監督さんは、とても温厚な人で、
性格の悪いスタッフさんたちが多い撮影所のなかでも、俳優さんたちは信頼していましたから」

「不思議ですねえ」

「本当に助監督さんと静江さんとは何でもなかったのでしょうか」

「あなたからお電話があったときから考えていたのですが、ひとつ思い出したことがありました」

「ぜひお聞かせください」


大塚は真顔になっていた。目が張り詰めた光をだしている。


「いつだったか、銀座で静江さんを見かけたことがあったんです。
随分前を歩いていたので、呼びかけようと静江さんに向かっていったら、
あるお店のなかから男の人が出てきて、静江さんと合流して、どこかへ歩いて行ったのです。
男の人は帽子を目深に被っていましたから、顔が見えなかったのですが、
背丈や体つきで、もしかしたら助監督さんじゃなかったのかと」

「誰にも内緒でふたりは付き合っていたということも考えられますね」

「撮影所では二人はまったく知らぬふりでしょ。だから私の思い違いということもあるのですが」

「静江さんから好きな男の人の話とか聞いたことはあるのでしょ」

「好きなタイプとかは話したことはありますけど、
しずちゃんはあんまり自分のことは話すタイプじゃなかったから」

大塚たちは二時間くらい滞在して帰路についた。

「助監督との関係があるかも知れないな。そうなると、第一の事件のように殺人の依頼、
もしくは同情をかって、殺すように仕向けたということも考えられる」

元刑事の父親は、必ず犯人かそうではないかということに行き着く。

「あくまでも想像の領域だね。もう少し確証が欲しいんだけど」

「やはり本庁で確かめるしかないか」

父親は、諦めるような顔をしていた。



#20に続く。












にほんブログ村






ぽちっとお願いします。



















夜の京都 #3  




















夜の日本情緒を求めて外国人観光客が押し寄せています。









IMG_2855.jpg






舞妓さんがはくようなもの。なんていう名前だっけ。









IMG_2848.jpg






IMG_2856 (2)





IMG_2854.jpg









ショールームのなかには、日本を主張するかのようなPOPが飾られていました。









にほんブログ村




ぽちっとお願いします。






















大阪市・鶴橋   





















東映映画「大阪電撃作戦」の舞台になった鶴橋。
神戸の組織と血で血を洗うような抗争を昭和30
年代に繰り広げた実話を元にした映画です。
今の鶴橋には市民の安定した静かな空気だけがあります。










DSC01112.jpg






DSC01114.jpg








朝早い時間はまだシャッターが下りているお店が多く、
夜の喧騒とは違う町の顔が見れます。









DSC01117.jpg







とにかくこういう町をぶらつくのが何よりも好きなのです。











にほんブログ村






ぽちっとお願いします。






















連続ミステリー・老女の覚醒 #18  























宮城静江は、大塚の紹介したクリニックを受診し、薬物療法で不眠はとりあえず解決に向かっていた。

後は、薬を使わずに眠れるように心理療法を行っていけば良い状態になっていった。

一先ず、大塚の仕事は一区切りしたのだが、大塚にとっては別の仕事をしなければならなかった。

静江の第二の事件と、第三の事件の調査である。

それが済むまでは、静江の案件は終わりを告げないと考えていた。

幸い、大塚の父親の元警視庁捜査一課の大塚英彦が助けてくれているので、調査もスムーズに行く予定だった。

その日、大塚と父親は、元撮影所の関係者と会っていた。

場所は新橋だった。古ぼけたビルの地下におりるBARにその男は先に来て座っていた。

「お忙しいところすいません」

その男は、当時撮影助手をしていた、水口勇介だった。

歳は70歳を越えたくらいだったが、元映画関係者の雰囲気を持つ、なかなか洒落たおじいさんという感じの男だった。

「もう古い話ですから、お役に立てるかどうか。静江さんは元気ですか」

「はい、体の方は何ともないのですが、やはりお歳のせいか、心に淋しさがあふれていらっしゃいまして、
その悩みを少しでも軽くするのが私の仕事なものですから」

「どんなことから話せば良いのでしょうか」

「静江さんにしつこく付きまとっていたんですよね、被害者は」

「しつこくというか、あれも愛情のなせるところと思うんです。
端からみたら異常なのかも知れないけどね。でもね、
相手は若手のホープとして売り出し中の女優と、
泣かず飛ばずのエキストラに毛が生えたような俳優ですからね、
会社からの圧力もありましたしね」

「でも助監督はどうして殺したのでしょうか」

「彼も静江さんに惚れていたんです。でも、彼は女優として大成して欲しいという思いがあって、
静江さんには自分の気持ちを伝えてなかったんですよ」

「だから、女優としての傷を付けるかも知れない俳優を消したということですか」

「簡単に言えばそうだね」

「静江さんから助監督に殺人をお願いしたということはなさそうですか」

ちょっと驚いたような表情をした。

「それはないでしょ。いくらなんでも・・・・」

「そういうことは考えられないかということです」

「難しいな、私はそこまで彼らと親しいわけではなかったから」

「ふたりの関係をもっと深くご存知の方を紹介して欲しいのですが」

「あなた達は静江さんを疑っているのですか」

「そうじゃありません。真実を掘り下げることで、
静江さんの今の悩みの原因を探ることに繋がればと考えているのです」

元撮影所の関係者だった男は、しばらく考えていたが、思い出したように、
当時静江と仲が良かったメイキャップの女性が存命していることを大塚たちに教えた。

現在は、80歳を超えているが、神奈川県の海べりの町でひとり暮らしをしているという。

年賀状のやり取りをしているとかで、住所も教えてくれたのだった。

大塚はその女性に手紙を書いた。

電話番号を調べて電話すれば済むことだが、ここは礼節をもって相手に対したほうが良さそうな気がしたのである。

二週間後、大塚と父親は、京浜急行に乗って、元メイキャップの女性が住む海べりの町に向かっていた。





#19に続く。















にほんブログ村




ぽちっとお願いします。




















熊本県・天草 #1  





















2010年に突然思いつき、羽田から飛行機で熊本空港へ飛びました。
熊本でレンタカーを借りて出発しました。
まずは、天草に向かう途中で立ち寄った漁港で休憩しました。










IMG_0003.jpg










港の入り口に男たちが数人いて、いかにも余所者の私がクルマで入ってくるのを睨みつけていました。









IMG_0004.jpg







IMG_0008.jpg






いろいろな港で漁船を見ましたけど、明らかに本州とはどこか違う雰囲気がありました。地方による船の形状の違いを本気で研究しようかと思ったことがあるくらいです。









IMG_0011.jpg











漁船の数も多く、港まわりには新築の家もあり、水揚げの多い漁港であることが伺えます。











にほんブログ村





ぽちっとお願いします。






















Paris #21  
















パリの街中を彷徨っていたら美術館があったので入りました。










EPSN0958.jpg











元貴族のお屋敷をそのまま美術館にしたようです。









EPSN0959.jpg






EPSN0964.jpg





EPSN0968.jpg












何気なく入ったものですから、どんな名前だったか、どこにあったのか今ではまったく分かりません。









にほんブログ村






ぽちっとお願いします。
























連続ミステリー・老女の覚醒 #17  


















宮城静江の女優時代仲の良かったという元メーキャップの女性の住む町は、
横浜から京浜急行で20分くらいかかる海べりの町だった。

その女性の自宅を直接訪問する約束になっていたので、
駅を降りると、海に向かって細い道を歩いていった。

家は、海岸から100メートルくらいのところにあった。

駅前から5分もかからなかった。

多分、二階からは海を見れるだろう。

「ここらへんの家は手入れが大変だろうな」

大塚の父親は、こじんまりとした古い木造建築の住宅を見上げていた。

「そうですね、潮風で外壁とかやられるでしょうから」

元メーキャップの女性は、呼び鈴を押すとすぐに出てきて、大塚たちを向かい入れた。

もう80歳を超えているだからか、腰が少し曲がっていた。

「遠いところをご苦労さまでした」

女性は、消え入るような声で大塚たちを見ていた。

大塚は、静江の撮影所当時の様子や、犯人のこと、
被害者のことなど、時間をかけてゆっくりと聞いていた。

「あの事件は私の一生で一番の衝撃でしたから、今でもはっきりと覚えています。
ほかの事はまるで憶えていないのに、あのことだけは憶えているんです」

彼女の話によると、静江は彼女のことをお姉さんのように慕っていて、何でも話す中だったという。

殺された俳優のことで何度も悩みを聞いたという。

「しずちゃんは、彼のことを恐れていました。自分を見つめる目が怖い。
殺されるかも知れないと何度も話していました」

「ではなぜ静江さんとほとんど話したことがない助監督が彼を殺したと思いますか」

「私もそれが不思議でなりませんでした。助監督としずちゃんは、
私の知る限り仕事以外で話したことはないと思うのですね。
ただ、助監督が片思いしていて、しずちゃんを助けようとしたという可能性はあると思うんですよ」

「それが捜査陣の結論でしたよね」

「でも、何も殺すことは無いと思いませんか」

「そうですよ、それは言えます」

「撮影所内では、殺された人がストーカーのように付き纏ったことは誰でも知っていましたけど、
何も殺人をしなくてもと思います」

「異常な性格だったのでしょうか」

「そんなことはなかったと思いますよ。助監督さんは、とても温厚な人で、
性格の悪いスタッフさんたちが多い撮影所のなかでも、俳優さんたちは信頼していましたから」

「不思議ですねえ」

「本当に助監督さんと静江さんとは何でもなかったのでしょうか」

「あなたからお電話があったときから考えていたのですが、ひとつ思い出したことがありました」

「ぜひお聞かせください」

「いつだったか、銀座で静江さんを見かけたことがあったんです。
私の随分前を歩いていたので、呼びかけようと静江さんに向かっていったら、
あるお店のなかから男の人が出てきて、静江さんと合流して、どこかへ歩いて行ったのです。
男の人は帽子を目深に被っていましたから、顔が見えなかったのですが、
背丈や体つきで、もしかしたら助監督さんじゃなかったのかと」

「誰にも内緒でふたりは付き合っていたということも考えられますね」

「撮影所では二人はまったく知らぬふりでしょ。だから私の思い違いということもあるのですが」

「静江さんから好きな男の人の話とか聞いたことはあるのでしょ」

「好きなタイプとかは話したことはありますけど、しずちゃんはあんまり自分のことは話すタイプじゃなかったから」

大塚たちは二時間くらい滞在して帰路についた。

「助監督との関係があるかも知れないな。そうなると、第一の事件のように殺人の依頼、
もしくは同情をかって、殺すように仕向けたということも考えられる」

元刑事の父親は、想像する先が必ず犯人かそうではないかということに行き着く。

「あくまでも想像の領域だね。もう少し確証が欲しいんだけど」

「やはり本庁で確かめるしかないか」

父親は、諦めるような顔をしていた。



#20に続く。











にほんブログ村




ぽちっとお願いします。




















▲Page top