FC2ブログ

ずっと、ずーっと

連続ミステリー  老女の覚醒 #28  





















宮城静江は、能登半島の曽々木という海岸で大塚たちを待っていた。


海から吹く風は十月にしては強く冷たかった。


誰もいない砂浜には強い波が打ち寄せ、沖から吹き付ける風が吹くの隙間から入り込み
全身を廻っていた。

「ここでお話しようと思いましたけど、この天候では辛いので、私が泊まっている旅館に移りませんか」



静江は近づいてきた大塚たちに向かって口を開いた。

静江は、そのまま海と反対方向に歩き出した。

大塚は、言葉のひとつも発することが出来ずに、静江の後をついていった。

父親も黙ったままだった。

海岸の外れにある林を抜けて、小さなトンネルを抜けると、そこにはこじんまりとした日本旅館があった。

木造で、いかにも秘湯の旅館という風情だった。

「今日はどこかホテルを予約してますか」

「一応、輪島に宿を取っていますが」

「ここへお泊りになりませんか」

「いえいえ、輪島に戻ります」

部屋に着くと、静江は窓際にある椅子に腰を落とした。

大塚たちは、和室の真ん中に置かれた座布団に座った。

「どのようなお話ですか」

大塚は、恐る恐る口を開いた。

静江は、窓から見える海の遠くに視線を合わせながら、ゆっくりと話はじめた。

「私は小学生の三年のころから、音楽大学で講師をしていた教師について本格的にピアノを習い始めました。
先生はときには厳しく、そしてときにはとても優しく指導してくださいました。
ところが、六年生になったころから、変なことをするようになったのです。
最初は軽く触れるような感じだったのですが、私が少し抵抗するようになると、興奮したのか、
下着のなかに手を入れてくるようになったのです」

「そのことはご両親には話しましたか」

「とても恥ずかしかったのですが、母親に話しました。母親はまさかという感じでした。でも、私がピアノを辞めたいと言ったのですが、母は許してくれませんでした」

「とても辛かったのではありませんか」

「ピアノの先生は、触るだけでそれ以上のことはしませんでしたので、我慢しておりました。
でも、中学生になったとき、いきなり襲ってきたのです」

静江は暗い目をしていた。遠い悲しい思い出を振り絞るように口を開いた。

「私は必死に抵抗しました。先生の顔を手元にあった鉛筆で刺しました。
先生は大声を上げて私から離れました。私は振り向かずに逃げ出しました」

「難を逃れたのですか」

「そうです。私は悩みました。母親にも話せなくて」

「どうして話せなかったのですか」

「母親は私をどうしてもピアニストにしたいと思っていましたから、
先生にいやらしいことをされたと話しても、先生にそういうことをしないようにお願いするからと、
私がピアノを辞めたいと言っても聞いてくれなかったのです」

「しかし、そんなことがあったのではもう行けないですね」

「行けない気持ちを押しこらえて行きました」

「良く行けましたね」

「先生の方も私が親に話して、大事になるのではいかと心配していたみたいで、
丁寧で優しかったのです。しばらくは」

「しばらくというと?」

「一ヵ月後になると、また触ってきたのです。私はもう限界になっていました」

静江の口調は急に激しくなった。

#29に続く。









今年の更新は最後です。
来年もよろしくお願いします。






にほんブログ村




ポチッとお願いします。


























フェリーで北海道 #1  

















かねて念願だったフェリーの旅が実現したのは2014年のことでした。
子供が大学に入学した9月に一緒に北海道に向かいました。
大洗から苫小牧までの船の旅。
初めて見たフェリーは意外と大きくて驚きました。







DSC02151.jpg







搭船ゲートにあるアニメのキャラ。









DSC02155.jpg










予約していた乗船券を受け取るために乗船券売り場に行きました。まだ出船まで3時間も前なので人は少なかったです。









DSC02159.jpg









乗船を待つバイクの人たち。
バイク乗りには北海道はたまらないでしょうね。









DSC02166.jpg









乗船したらすぐにデッキに上がりました。出船前の雰囲気が何とも心地良かったです。









DSC02165.jpg






DSC02167.jpg






DSC02171.jpg










デッキから見た風景。乗船して1時間後に出船です。私は大浴場に行ってひと風呂浴びてしまいました。












にほんブログ村






ポチッとお願いします。























香川県・丸亀市・本島  





昨日の投稿記事は大晦日に投稿する予定の記事でした。
更新は30日まで続けます。
新年は3日からです。
よろしくお願いします。














本島は塩飽諸島のなかでも一番人口が多い島で、古い町並みが残り、夏は海水浴場もあるので観光地
もなっており、瀬戸内海の離島のなかでは知名度の高い島です。









IMG_1537.jpg









丸亀港からフェリーで20分ほどで本島に着きます。港にはレンタサイクルがあり、
そこで自転車を調達して、島内一周をしました。









IMG_1538.jpg








自転車でしばらく行くと、大きな民家が解放されており、「町並み保存センター」となっていました
ので立ち寄りました。










IMG_1539.jpg






IMG_1542.jpg





IMG_1543.jpg








廻船業(船を操る仕事)で繁栄したこの島の庄屋の人の家を開放しており、当時の生活を忍ぶことができます。










にほんブログ村






ポチッとお願いします。





























2018年まとめ  




















今年私の一大事は、毎年8月に行っている大腸内視鏡検査でした。
前の年のとき「大腸憩室にポリープがります。大きくなっていれば取りますが、
その際ちょっと大変な手術対応になるかも知れません」と医者に言われていたので、
覚悟していましたが、終わってみれば「どうでしたか」の問いに「・・・・」でした。
何だい、いったい。何も言わんのかい。こちらは軽い麻酔で朦朧としていましたから
どうなってるんだいと思っていました。しばらくすると看護師が来て、「お帰りください」だと。
それ以上追及する気にもなれず、今年から病院を変える決意をしたという訳です。
患者のことを何と思ってるんだい。
そんな感じでしたね。
会社はもう人まかせで、こちらは大切な判断をするときだけの仕事なので、
忙しくはなかったのですが、年末に少し大事がありまして、ばたばたした年末でした。
社会はどんどん変わっていきますね。
政治はまったくの後ろ向き。
安倍政権はやり放題。
国民は「自分ファースト」。トランプのような人が巷には溢れています。
「自分さえよければそれが正義」なのはダメな国民には共通理念でしょうが、政治家がそれでは国は確実にダメになる。
来年がどうのこうのと言う元気もありませんが、「時の過ぎゆくまま」にだけはしたくないと思う今日でした。





来年は3日から更新します。





良いお年をお迎えください。











にほんブログ村





ポチッとお願いします。


















藝祭 2018   















P9090089.jpg










2018年9月に行われた東京藝術大学の美術学部の学園祭の展示スペースです。
目が強烈な豹(?)の絵に釘付けになりました。








P9090090.jpg








主題の絵の周りにコンテが並ぶのも面白い展示です。









P9090091.jpg







先鋭のある照明。丸みのあるデザインが多いのですが、インパクトがあります。









P9090093.jpg









学校で履いていた上履きには特別の思いがある、そんなテーマでしょうか。








P9090094.jpg







教室の一部が休憩スペースになっていました。









にほんブログ村





ポチッとお願いします。




















連続ミステリー・老女の覚醒 #27  

















宮城静江と連絡が取れなくなって二日が過ぎた。

大塚は静江が逃げたとは思っていなかった。

初めて会ってから、静江は常に堂々とし、市役所の福祉課に相談をしにきた人とは思えないほどの迫力があった。

大塚たちが調査の結果を伝え、疑惑があるようなことを言っても、いわゆる逆キレにこそなれ、
意気消沈しているようなそぶりは見せなかった。

大塚の父親などは、気分転換に旅行でもしているのだろうと、鷹揚な態度だった。


市役所に用事があり、打ち合わせが済んで市庁舎を出たとき、大塚のスマホが鳴った。

「ご連絡できなくて申し訳ありません」

静江からの電話だった。

「私はいま、金沢に来ています。お話したいことがありますので、
可能ならこちらまで来ていただくことは出来ないでしょうか」

大塚は驚愕した。父親の言ったとおり、旅行に行ったのだと思ったが、
静江の声が今まで聞いたことがないほど憔悴していたからだ。

「金沢のどこに行けばよろしいのでしょうか」

「明日、能登半島に向かいます。輪島の近くに曽々木海岸というところがありますからそちらまでおいでいただけますか」

「分かりました、何とかします。静江さんは大丈夫ですか。何だかお元気がないようですので」

「はい、大丈夫です。詳しいことは明日お話します」

約束は午後二時だった。新幹線で金沢まで行き、そこからはローカル線に乗って輪島まで行く。

そこから曽々木海岸まで、バスかタクシーで行ける。

父親に電話をして同行を求めた。

そして、次の日、大塚と父親は上野発午前7時発の新幹線の車上にいた。

「何を話すと思いますか」

「分からない、もしかすると静江は死を考えていたのではないだろうか」

「それはどうでしょう。我々には何の確証もないし、
仮に彼女が犯人だったとしても否定し続けていればいいのでしょうから」

「人間の気持ちは分からんよ。我々が動いたことで、彼女の心境を変化させたのかも知れない。
希望は持てないが、自白するかも知れない」

父親はまだまだ現役の刑事のようだった。

「よほどの心境の変化があったんでしょうね。そうじゃなきゃ、我々をわざわざ呼びつけたりしないでしょうから」

「まあ、何が飛び出すか、見ものだ」

大塚も父親も、宮城静江の心境を推し量りかねているようだった。

金沢に着くまで、静江のことを話したり、黙って流れる風景を見たりの連続で、
旅の余韻を味わうどころではなかった。

金沢に着いて、ローカル線に乗り換えて、輪島に向かった。ふたりとも、
金沢には何度も来ていたが、能登は初めてだった。

午後のローカル線は人もまばらだった。

一時間ほどで輪島に着き、曽々木海岸までのバスの連絡が悪いので、タクシーで向かった。

曽々木海岸に着いたのは午後二時十分前だった。

海岸に下りると、かなり先のほうに静江の姿があった。

黒い大きな帽子が風で吹き飛ばされそうなのを必死に手で押さえていた。

荷物は持っていないようだった。

大塚と父親はゆっくりと静江に近づいていった。




#28に続く。








にほんブログ村



ポチッとお願いします。
















夜の京都  














IMG_2865.jpg










夜の京都を歩いていると、若かりし頃のことを思い出す。
高校の友人と京都のロック喫茶で待ち合わせて、神社の
境内で朝まで過ごしたこと。そのあとで清水寺に行って一番
乗りをして、寺のお坊さんに褒められたこと。(何で褒められたか
分かりません)







IMG_2867.jpg









学生時代は京都には無縁だったものの、仕事をするようになって1年に数回
は京都を訪れるようになった。当時はちょっと美味しい店は誰かの紹介でなけ
れば入れない店ばかりだったです。









IMG_2869.jpg






IMG_2871.jpg







IMG_2874.jpg









今はどこに行っても外国人ばかり。店も外人相手仕様にしていて、日本人が
入りにくかったりします。私はもうそろそろ京都は卒業かな。










にほんブログ村





ポチッとお願いします。

























熊本県 不知火町 松合  

















熊本から天草に向かう道中で立ち寄った松合地区。
過疎化で人が少なくなったのか、誰にも出会わない代わりに
静かでゆったりとした空気が町に漂っていました。









IMG_0020.jpg





IMG_0026.jpg





IMG_0028.jpg











ごみひとつ落ちていない町。住人の方たちの普段の生活ぶりが伺えます。








IMG_0030.jpg





IMG_0035.jpg










珍しくこのご家庭には家族が多いのでしょうか。けっこうな量の洗濯物が。こういうのを見るとほっとします。
またいつかこの町が子供たちの声で溢れることを想像したりします。









にほんブログ村






ポチッとお願いします。
























Airplain #5  
















T-2練習機が朝一の訓練飛行のために待機しています。








IMG_6128.jpg


IMG_6138.jpg


IMG_6144.jpg







前座が訓練生、後座が教官です。下手な操縦をすると鋭い
激が飛ぶそうです。







IMG_6151.jpg


IMG_6152.jpg



IMG_6156.jpg







厳しい訓練の結果、戦闘機乗りになれるのですが、身体能力はもちろんのこと、
気象学などの科学の知識も高度なものが要求される、航空自衛隊のエリート隊員
になれるのですが、そうしてなった戦闘機乗りが、トランプに騙されて買った、出来
の悪いと評判のF-35に将来乗ることになります。事故もなく無事に任務を遂行し
て欲しいと思います。









にほんブログ村




ポチッとお願いします。

















連続ミステリー・老女の覚醒 #26  



















顔色がどんどん白くなっていった静江は過去の事件のことを聞かれることに
強い拒否感を表していたが、大塚の説得により話を続けることを納得した。

「あなたのご主人と女性が殺された事件はまだ未解決のままです」

静江は鬼のような表情になった。

「それも私がやったというのですか」


白い顔に赤い点が現れた。

「それもとはどういうことですか、前の事件をあなたの犯行だと言った覚えはありませんけれど」


すかさず大塚は声を強めた。

明らかに静江は動揺し、錯乱していた。

その錯乱が招いた失言だった。

「そう言っているようなものじゃないですか」

「違います。第一と第二の事件について、私も父もあなたが本当の犯人だとは思っておりません」

「そうですか、それなら良いのですが」

静江は少し安堵したような声の調子だったが、目つきはけっして緩んでいなかった。

「あなたにはご主人を殺す動機がある。
当時の捜査担当者は当然あなたを第一の容疑者として徹底的に捜査したはずです」

「そうですわ。でも、アリバイもありましたし、女の犯行ではないというのが結論だったみたいです」

「ですから、あなたには何の疑いも持っておりません。ご主人が殺された事件は、
前の事件と違って、犯人が分かっていません。
容疑者も具体的に上がらなくて、流しの犯行という線になっていましたが、
未だに犯人のはの字も浮かんでいないのです」

「私は、夫を殺されてショックでした。それまでの事件と比べられないくらいのものでした。
私は深く主人を愛していました。彼が他に女を作っても、必ず自分のところに戻って来ると思っていましたから」

「恨んではいなかったということですね」

「そうです。恨むなんてとんでもないことです。私はどれだけ主人に感謝しているか。
何不自由ない生活をさせてもらったし、愛してもらった。その彼に恩返しが出来なかったのが本当に悔やまれます」

「恩返しとは何をですか」

「彼が欲しがっていた子供が出来なかったことです」

「そのことが気になって再婚もされなかったのですか」

「それもあります。彼以上に愛する男性は現れないように思っていましたから」

大塚は、静江は本当のことを言っているように思った。

第一の事件と第二の事件は、もしかすると静江が犯人を動かした可能性があるが、
第三の事件は無関係ではないかと感じられたのだ。

「今日はさすがに疲れました。次の機会にしていただけますか」

静江は、確かに疲労の色を浮かべていた。

大塚は、再度連絡をするとして、静江の家を後にした。

駅までの帰り道、父親は静江の言葉にまだ納得できない様子だった。

「静江が夫を愛していたなら、動機は薄くなる。だが、逆だったら動機はそのままだし、
そうなれば、誰かを雇って殺させたということも考えられる。そうなればアリバイは関係ないことになる」

「確かにそうですが、私は彼女が本当のことを言っているように思いました」

父親はそれ以上、口を開かなかった。

二日後に静江に連絡すると、電話には出なかった。

何度も電話をしたが、とうとうその日に連絡は出来なかった。

翌日、大塚と父親は静江の家に向かった。

郵便受けに郵便物が溜まっていた。

父親は、「逃げたのか」と電話口で大きな声を出した。




#27に続く。













にほんブログ村





ポチッとお願いします。
















▲Page top