ずっと、ずーっと

ARTICLE PAGE

米朝開戦すれば














平昌オリンピックが終わると、世界の注目は、トランプ・アメリカが開戦するかどうかに注目が集まるでしょう。

これまでに、アメリカは、反米政権には必ず軍事介入してきました。「独裁政治の終焉」を旗印にして、イラクをはじめ、アフリカ、中南米の反米政権は武力で倒してきた歴史があります。倒せなかったのはベトナムくらいでしょうか。
しかも反米だけならいざ知らず、北朝鮮は核武装までしている。そのまま放っておくとはなかなか考えられません。

しかし、軍事作戦が非常に難しい。ピンポイント爆撃で何とかなるならとっくにやっているでしょうが、あまりにも爆撃しなければならないポイントが多いのと、ポイントの選定が難しい。空母三隻か四隻、それにグァムからの戦略爆撃機を総動員してもまだ打ちもらす可能性が高い。

アメリカ軍がそこまでの動きを見せれば、北朝鮮が金総書記を徹底的に隠すでしょうから、そうなると特殊部隊で殺害するのも難しい。
後は、大機動部隊で北の海岸線に上陸、韓国軍と共同で38度線を突破して北に侵攻する「イラク式大地上戦闘」をするしかありません。
そうなると、本格的な戦争になり、日本も巻き込まれ、第二次世界大戦以降、最大の悲劇になりかねません。
限定核(戦術核)を使って、平壌を丸ごと蒸発させても、金総書記は逃れられるかも知れない。
第一、そんなことをすれば全世界から非難の嵐になる。ロシアも中国も黙ってはいないでしょう。下手をすると第三次世界大戦になる恐れもあります。

もろもろ考えれば、簡単には軍事行動は起こせないだろうと、素人目にも写るのですが、何しろあのトランプですから、何をするか分かりません。
もし、万が一、核が韓国国内で爆発するような事態になれば、日本も相当な被害がでることになってしまいます。

いすれにしても、両国の動きが心配でなりません。








にほんブログ村




ぽちっとお願いします。















スポンサーサイト
Category: 社会へのひとりごと
Published on: Tue,  13 2018 05:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment