ずっと、ずーっと

ARTICLE PAGE

桜散る下に猫がよぎる道
















居間の窓に桜の花びらが一輪ついた。


つい何日か前に公園の桜が満開になったばかりなのに。

今年の桜は咲くのも早かったけど、散るのも早い。


私は、急いで外に出た。


満開の桜の木から数十の花びらがゆるい風に舞っていた。

ひとりらひとひら、舞う花びらを目で追っていた。

桜色が春の陽の彩度に合わせて鮮やかだった。


公園の片隅に小さな木がある。その根のあたりに薄茶のキジトラの猫がいた。


「パンチじゃないか」


子猫のとき、母親が死んでしまって充分に乳を飲まなかったパンチ。

うちに貰われてきたときは一週間、誰にも姿を見せなかったほどシャイだったのに、成長するにつれ一番甘えん坊になった。

そんなパンチが死んでもう十年になるのに、木の下にいる猫はパンチに見える。


「会いにきてくれたのか」


いや、そんなはずはない。

近づくと、私に気がついた猫は、さっと姿を消した。

パンチによく似た猫だったのだろう。

でも私の中で「また会いに来てくれよ」とつぶやいた。


会いたい、本当に会いたい。

また私の体に自分の体をこすりかけて甘えてほしい。



私は桜の散る公園のなかの道を歩き続けた。




P3280004.jpg









にほんブログ村





ぽちっとお願いします。














スポンサーサイト
Category: ショートショート
Published on: Wed,  11 2018 04:55
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment