FC2ブログ

ずっと、ずーっと

ARTICLE PAGE

まともな政治家

















加計問題で追求にあった元総理秘書官の柳瀬氏の参考人質問での国民を馬鹿にした態度で呆れていました。まともな人ならあきらかにおかしいという疑問をもつようなことを表情ひとつ変えずに話すという神経に腹が立ちました。
翌日、愛媛県知事の中村氏が決定的な物証である、名刺を公開し愛媛県の職員が柳瀬氏と面会したという事実が分かり、少し溜飲が下がった思いがしましたが、ここまでの証拠が出ても、なお嘘をつくというのはどういうことかを考えると、日本という国の行く末を本当に心配になります。
このことは、官僚のトップである人が平気で嘘をつく国、政治家のトップが嘘をつく国。それを許して追求する野党やマスコミを悪人として批判する質の悪い国民として、世界中から軽蔑される国家になったということです。もう目も当てられません。
麻生なにがしという副総理は、セクハラについてまったく理解を示さず、日本語もまともに話せない、漢字もろくに読めない。
安部総理は、北朝鮮問題では国際外交ではまったく活躍できない。トランプにはいいように利用されているだけ。
日本の景気が良いのは空前の好景気であるアメリカの影響と円高で利益を得ている一部の製造業だという現状。就業者が減っているから失業率が下がっているだけなのに、アベノミクスの経済政策の成功だと強調する。
ほとほと呆れるばかりです。

今回、県庁の職員の誇りとプライドを守るために柳瀬氏の名刺を公表したという中村知事の政治的背景は、詳しく分かりませんが、知事選では自民党からも推薦を受けてるので、根本的に保守的な人なのでしょう。
どうせ、ネットに巣くうネトウヨの連中からすれば「朝鮮人」「売国奴」という中傷を受けることは目に見えています。
中村氏の前の知事だった人物は、政府のおかげで岩盤規制が突破されて素晴らしいことだと国会でも証言されていましたが、中村氏はこの人物に対するなんらかの感情的な部分もあったの知れませんが、県のトップとして、部下の尊厳を守る姿勢を、権力に弓を引くことになろうとも断行したことは評価されるべきだと思います。
ちなみに私の住む地域には小児科は2つのクリニックしかないのに、獣医は10の動物病院があります。けっして都会の真ん中ではない、地方に近い普通の住宅街です。獣医師を増やすことが「岩盤突破」だというのはまったくの嘘であると思っております。















にほんブログ村
















スポンサーサイト
Category: 社会へのひとりごと
Published on: Sat,  12 2018 10:16
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment