ずっと、ずーっと

ARTICLE PAGE

終わったわけじゃないから

















彼はこう切り出した。

冷たい目をしていた。

「明日からはもう君へのラインは外すから」

突然言われた彼女はあっけにとられた。

「どうして?」

「もう別れたんだから、いいでしょ」

ふたりは三ヶ月前に別れていた。

明確な理由があったわけでない。

どちらからともなく、

「ないな」

と思ったから会わなくなった。

ただ、ラインは続けていて、たまに送って簡単な近況報告くらいな言葉は交わしていた。

彼女は、はっきりと嫌になったからと感じていたわけじゃない。

つまり、

「好きじゃないけど、嫌いでもない」

あるいは、

「また好きになるかも」

と思っていた。

だから、最後通告ともとれる言葉に戸惑っていた。

「だってまだ終わったわけじゃないから」

彼は驚いた。

もう彼女に完全に嫌われたと思っていた。

心当たりはなかったけど・・・・

「うん、分かった」

彼は自分の言ったことを後悔した。










にほんブログ村





ぽちっとお願いします。














スポンサーサイト
Category: ショートショート
Published on: Mon,  18 2018 05:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment