ずっと、ずーっと

ARTICLE PAGE

父親のような









「俺、お前のこと父親のような目でみているんだ」

11歳年上の男。

付き合って半年の男。

外見で判断したら「付き合えるはずがない」



でも付き合っている。




おいおい、ちょっと待ってよ。

口うるさい父親のことを思い出した・

いくら11歳年上だからって父親はないでしょ、と彼女は思った。

「別に説教するとかじゃなくてさ。心配なんだよ」

愛情じゃなくて、肉親のような心配だってこと。

「ずっと年下だからさ、子供に見えちゃうんだよね」

それを言うかい。

それは言って欲しくなかった。

見下されていると感じる。


じゃあ、やっぱり年相応の人と付き合おうかしら。

「あっ、ごめん。年上だからって上から目線じゃないから」

充分上からものを言ってるんですけど。

心配ってどういうことよ。

私のことが信用できないってこと。

「信用はしてるよ、もちろん」

だったら黙ってろよ。


あなたとは年上とか関係なく、会っていて自分が自然でいられるからっていうことに全然気づいていないよ、この人。

でもいちいち言い訳なんかしない。

どうせ私から離れるなんて出来ないんだから。

それが分かっている限り、私も別れないわよ。

彼女は心のなかでつぶやいた。










にほんブログ村





ぽちっとお願いします。













スポンサーサイト
Category: ショートショート
Published on: Fri,  22 2018 05:00
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment