FC2ブログ

ずっと、ずーっと

大人の見本  


















ここ数年、ニュースでは不愉快な、腹立たしいニュースばかりでしたが、久しぶりにスカッとするニュースがありました。
山口県で行方不明になった2歳児が無事に発見されたというものです。
何日も警察や消防などが何百人も動員されて捜索していたにも関わらず、3日間も発見されなかったのに、3日目にボランティアで参加したおじいさんが捜索に加わってから僅か30分たらずで発見したというのです。最初、あまりにもタイミングが良すぎて、もしかしたら発見した男が子供を隠して、わざと発見したという形をとっていたのではないかと疑いましたが、その後の報道で、発見したおじいさんは有名なボランティアの人で、住んでいる大分県から軽自動車を自分で運転して災害地を回っている人だということが分かりました。そんな人が犯罪を犯すはずもなく、当該地の警察も早々に感謝状を出したことから、私が最初に疑った想像がまったく間違っていたことを感じました。



CIMG2313.jpg






男児が見つかったこともうれしかったのですが、そのおじいさんは、何の損得もなくただひたすら困った人を助けたい、子供たちを守りたいとまっすぐな気持ちでボランティアをしている人だと知り、とても感激しました。
それに比べて自分は何なのかという思いが沸き上がりました。私より20歳以上も上の人が「小さい命が助かって良かった」と頑張っているのに、私などはただ惰眠をむさぼっているようなものです。人のためになるようなことはひとつもしていません。もっともあのおじいさんのような体力もないので同じことはできませんけど。
そして思うことは、この社会のなかにはああゆう人もいるのだな、そういう人はけっして表には出てこないけど、社会の片隅で人のためになることを必死に頑張っているんだなということが分かりました。
このところ、政治の世界でも、スポーツの世界でも権力を傘にして嘘をつきとおす人ばかりでしたので、おじいさんの爪の垢を飲ませてやりたいと思いました。

社会の大人として、おじいさんは見本ですね。こういう人が社会の頂点である場所に増えれば社会は良くなるかも知れません。
とくに政治の世界にはこういう自得を求めない、何の見返りも求めず人の役に立ちたいという人が政治家に増えてくれることを願うばかりであります。











にほんブログ村

















スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://egochann.blog.fc2.com/tb.php/375-27141d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top